津軽本醸造醤油

プレジデント社様の雑誌「dancyu」にて特集されました

 プレジデント社様にて発刊されている雑誌「dancyu」2020年6月号にて和食特集が組まれ、その中で当社の『津軽本醸造醤油』が選考されました。


 予選から始まった本企画ですが、最終選考会では、名だたる有名料理人、料理研究家、作家、醤油専門店店主の方々より「赤身のお刺身」、「生姜焼き」に最適との評価をいただききました

 中でも「まぐろの刺身」は、赤身の味を活かす醤油だと、満場一致で断トツの人気だったそうです。是非お試しください。

江戸時代から150年続く津軽の老舗醤油蔵

 江戸時代後期に創業し、津軽の地で150年以上の歴史がある弊社は、その歴史の中で培ってきた匠の技と信念で、丹念にかつ職人の魂を込めて醤油を造りだしています。

 その技・信念・魂は、近代まで脈々と受け継がれ、今は当たり前に見られるようになった「昆布しょうゆ」を世界で初めて世に送り出した醤油メーカーでもあります。

酒造りを極めた杜氏が造る柔らかく繊細な味

 当社は「酒造技能士一級」の資格を持つ元清酒杜氏が、酒造りのノウハウを活かして醤油を造る全国でも極めて珍しい醤油蔵です。
 良い麹を造るためには、それに適した温度帯で管理する必要があります。その温度帯から外れてしまうと、本来醤油の発酵に不要な雑菌類が生まれ、味に大きな影響を及ぼしてしまいます。
 当社では一般的な醤油蔵に比べて、低温で長時間にわたる麹づくりにこだわっています。その分、時間と手間は掛かりますが、常に繊細な香りとやらわかい風味を持った醤油に仕上がります。

原材料への妥協無きこだわり

 当社では地元津軽の大地で育まれた「大豆」と「小麦」にこだわっています。


 青森県の大豆は全国収穫量の2.3%程度、小麦についてはわずか0.27%しかありません。それだけに希少性は高く、「津軽」の名を冠するにふさわしい醤油です。

 

「国産」「安心」「美味しさ」をすべて満たしたお醤油

 当社の「津軽本醸造醤油」は、火入れ前の「津軽生醤油」がベースなっています。そして、この「津軽生醤油」は2017年、2018年と2年連続で「食の3重丸」の認定を受けたお醤油です。2018年には「津軽本醸造醤油」もダブルで認定を受けています。

 「食の3重丸」とは、国産農産物の自給率向上・環境負荷軽減・食の安心・安全を主な目的に「一般財団法人 雑賀技術研究所」が主催する利益追求を目的としない社会貢献活動(公益事業)です。

 

 独自に定めた厳しい審査により、「日本産」「安心」「美味しさ」をすべて満たした製品だけが「食の3重丸 認定製品」として推奨されるので、生産者にとって非常に名誉なことである一方、消費者の皆様にとっても安心してお求めいただけます。

原材料名 大豆(青森県産)、小麦(青森県産)、食塩
内容量 180ml / 1L
賞味期限 製造から1年(開封前)
保存方法 直射日光を避け常温で保存

津軽本醸造醤油180ml

tsugaru180ml_normal

商品価格:324円(税込)

商品重量:0.2kg  

賞味期限:製造から1年

 

津軽本醸造醤油1L

tsugaru1L_normal

商品価格:812円(税込)

商品重量:1.0kg  

賞味期限:製造から1年

電子カタログ

最新の電子カタログがダウンロードできます。画像をクリックすると別ウィンドウで開きます。

20180525114917

お買い物について

カートを見る

「注文履歴の確認」「会員情報の確認・変更」「ポイントの確認」については、上記ボタンをクリックし、メールアドレスをパスワードでログインしてください。

ご利用ガイド

ご購入金額6000円ごとに送料1件分無料!!

 

沖縄、離島など一部の地域では通常の送料他、中継料が発生いたします。
都度ご相談となりますので、あらかじめご了承ください。

醤油・つゆ・だし

お米・お惣菜

林檎や葡萄を使った商品

ギフトセット

TVショッピングでも販売中

お支払い方法

各種クレジットカード、代金引換でのお支払いが可能です。
 

お支払い方法の詳細はこちら

営業日カレンダー

株式会社 中村醸造元
〒038-3803

青森県南津軽郡藤崎町西豊田3-1-1
TEL: 0172-75-6500

FAX: 0172-75-6501

営業時間: 8:30〜17:30
休業日: 第2・4土曜、日曜、祝日

株式会社 中村醸造元
〒038-3803

青森県南津軽郡藤崎町西豊田3-1-1
TEL: 0172-75-6500

FAX: 0172-75-6501

営業時間: 8:30〜17:30
休業日: 第2・4土曜、日曜、祝日